因子生態学的研究の問題点

065o
因子生態学的研究の問題点については,森川(1975)に詳しく述べられており,使用変数の吟味(変数の共通性の問題)や分析スケールの妥当性,因子のラベリング,分析手法の検討などが指摘されている。以上のように,因子生態学的手法は多くの変数を集約した形で都市構造の特徴を示すことができる点では,バージェス・モデルなどの1次元的モデルに比べて多次元的にとらえたことに意義があるが,石水(1974)は解釈の点では問題が残されていると指摘した。
ハウジング研究との関連から指摘するならば,住宅状況がいかに社会経済的地位や家族状況の因子構造や因子得点の分布パターンに影響を与え,どのような変数との関連性をもっているのか,十分な検討が行われているとはいえず,研究課題であると考える。また,居住者の属性や住宅状況を指標とした因子生態研究で明らかにされた都市構造が,諸事象の連関からどのような都市内部システムにより解釈できるのか,ハウジング研究としての課題である。
ところで、不動産といえば、家 高く売る ←こちらのサイトがお勧めです。
新古典派経済学的アプローチ
新古典派経済学的アプローチは,都市内部の土地利用分化のメカニズムを経済学の理論から明らかにしたもので,新古典派経済学的分析とは,アロンゾ・モデルで知られるアロンゾ(Alonzo;1960)により発展された新古典派経済学的立地論にはじまる。住宅立地を都心からの距離と居住空間の規模とのトレードオフ・モデルから説明したものである。アロンゾ・モデルは,地価,土地利用,利用密度の都市内の変動を示したもので,チューネンによる農村土地利用のモデルと対比できる。このモデルの鍵は,アクセシビリティと交通費との関係であるが,すべての就業地が都市の中心地域にあり,より中心地域から
遠くに住む世帯ほど経済的余裕のある世帯であること,また同じ所得の人は同様に郊外を選好すると仮定される。