大陸ヨーロッパ都市における居住分化

064k

ノックス(Knox;1982)は,「全体として大陸ヨーロッパ都市における居住分化は,やはり第1因子がく社会経済的地位の次元〉によって支配されていることはまちがいない。しかし,住宅的地位や自営業者の局在化といった要素が付随することが多い」と述べ,さらに「イギリスの都市は,一般的西洋モデルには厳密には適合しない。
実際,イギリスの都市は,ハーバート(Herbert;1968),エヴァンス(Evans;1973)が述べるように,大規模な公共住宅セクターと関連した建設政策と賃貸政策によって修正された,古典的モデルの主要次元とは違った特徴的な生態学的構造を提示している」と指摘する。これは,制度や政策的作用によりコントロール・形成される現代都市の都市構造を解釈する必要性を主張したものといえる。
これらの因子生態学的分析によって抽出された3大因子の発現要因として,ノックスは「アブールード(Abu-Lughod,J.;1969)は,社会経済的地位と家族的地位の2つの次元の必要条件の問題を明らかにしようと試みたが,彼女によるとく社会経済的地位>による居住分化が起こるのは,全体として地位や名声に応じて人口グループに分化した社会に,効果的なランキングシステムが存在し,なおかつ,このランキングシステムが,住宅市場に対応した細分化により適合した場合のみである」と説明している(ノックス;1982)。
対策はたくさんある。自分に合った方法を選ぼう。←ちなみにこちらからは多くの物件を見ることができます。対策を見て参考にしましょう。
「同様に彼女は,家族的地位次元は,家族ライフサイクルの異なったステージにある家族が,異なった住宅需要を持ち,かつ住宅ストックの性質と空間的配置が,これらの需要を充足可能な場合であることを示した。これらの条件に潜在するのは,人口が現存の住宅機会に対して社会的地位やライフサイクルの需要を適合させて十分に移動性があるという重要な仮定がある。アブールード(Abu-Lughod)は,これらの条件が現代北米都市社会の特徴であることを指摘した」(ノックス;1982)。